レビトラで回復できる感受性とは

レビトラは世界的に使用されているED治療薬ですが、安全性が高いという承認が得られた現在であっても、未だに研究がされています。
数多く行われる研究の中でも特に注目されることが多い分野となっているのが癌という分野です。
癌は現在、日本人の死因において主な物のひとつとなっており、治療のためにさまざまなアプローチが研究されています。
そしてそうした中で、全く関係が無いように見られていたレビトラが、癌治療における「感受性」を改善することが明らかになってきたのです。
そもそも感受性とは何かというと、これは医薬品を投与した際、どれだけ効果が見られるかということです。
基本的にどのような医薬品であっても、継続して大量に投与していくと身体に耐性ができ、変化がおきづらくなります。
これは人という生物が毒物や異物から自身を守るために必要なものなのですが、しかしこれが癌治療の場で発生すると、抗がん剤治療の妨げになります。
しかしこうした耐性に対し、レビトラが持つPDE5酵素の働きを阻害する効果で対応をすることができるということが明らかになったのです。
PDE5酵素の働きを阻害することで抗がん剤の成分を長く細胞内にとどめるようにしてやれば、多少耐性が付いてしまっても効率的に治療ができるように働きかけることが可能だという研究は、まだ基礎研究の段階にとどまっています。
加えて「どうして感受性を回復させるのか」ということについてはまだしっかりとした理論が確立されていない部分もありますから、現在癌治療をしている人がレビトラを急いで飲むべきだとも言えません。
ですが研究が進んでいけば、ED治療薬のひとつにすぎなかったレビトラが人の命を救う可能性があるということは確かです。
このことについては今後さらなる研究が期待できるでしょう。